エンジニアに必要なスキルとは

近年では、スマートフォンの普及に伴って、iOSアプリやAndroidアプリの競争が激化しています。少し見方を変えれば飽和状態に当てはまるのかもしれませんが、どちらのアプリもまだまだ需要は高いです。そのため、依然としてアプリ開発における求人や案件の数は、増加している傾向にあります。
エンジニアがアプリ開発の分野で活躍していきたいと考えているなら、まずはiOSアプリとAndroidアプリのどちらに携わりたいかを考えておきましょう。というのも、iOSアプリとAndroidアプリでは使用するプログラミング言語が異なるからです。iOSアプリならObjective-CやSwift、AndroidアプリならJavaやKotlinなどが一般的に使用されています。プロジェクトによっては、iOSアプリとAndroidアプリでそれぞれ開発されることもあるため、アプリ開発という分野で広く活躍したいなら複数のプログラミング言語を習得しておくのも良いかもしれません。
また、プログラミング言語以外に求められるスキルとしては、効率化を図るためのフレームワークの知識が挙げられます。その他、ユーザーのニーズに合致するアプリを開発するためのマーケティング力、ユーザーに興味を持ってもらえるような企画力、プロジェクトメンバーやクライアントとのやり取りに欠かせないコミュニケーション力なども必要です。これらがしっかりと揃っていると、アプリ開発のエンジニアとして活躍できるでしょう。